フィナステリドは知る人ぞ知る脱毛を抑制する効果を持つ治療成分のことです。その飲み薬「フィナステリド錠」は世界中で男性型脱毛症の方に使用されている薬です。この機会にその特徴を知っていきましょう。

鏡を見る男性
  • ホーム
  • フィナステリドの副作用について理解する

フィナステリドの副作用について理解する

錠剤とカプセル

男性にとって薄毛はとても辛いもの。精神的にも大きなショックやストレスを感じることから、鏡に映った自分の姿が見たくなかったり、仕事面やプライベートで引っ込み思案になるなど影響もみられます。ただしこれらの薄毛は原因をしっかりと見極めて適切な治療を行うことで改善することも可能です。特に最近注目を集めるAGAは、内科や皮膚科、外科などでも飲み薬や塗り薬を使った治療法を受けることができます。そこで一般的に用いられる飲み薬にはフィナステリドという成分が入ったものがあります。そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が反応し合って発生したDHTが頭髪のヘアサイクルを大きく乱してしまうというメカニズムを持っています。この時、フィナステリドを含む飲み薬を服用すると5αリダクターゼのII型の働きを抑え、結果的にDHTの分泌量も抑えることになるために、頭髪のヘアサイクルを正常化へと導くことができるのです。ただしフィナステリドには副作用もあるので注意が必要です。もともとフィナステリドは前立腺肥大症の特効薬として開発されたという経緯があるため、その作用において男性ホルモンとも大きく関わってくることがあります。そのために服用においては性欲減退、勃起不全といった症状に陥るリスクがあります。夫婦生活や恋人同士の付き合い方の面で支障をきたす可能性がある場合にはしっかりとパートナーの理解を求めた上で治療することが求められるでしょう。またフィナステリドの副作用には他にも鬱症状を引き起こすという可能性があります。これは男性ホルモンへの影響によって精神状態に支障をきたすことによって生じます。また、1日1錠を必ず服用するという特性上、肝機能への影響が出る場合もあります。服用において何らかの異常を感じた際にはすぐにかかりつけの医師に相談し、今後の方向性を決めることが求められます。

関連記事